« 格安SDのベンチ | トップページ | 格安SDのベンチ2 »

2008年6月30日 (月)

WindowsMeでWPA

WindowsMeで無線LANを使う場合、ほとんどの場合、暗号はWEPしか使えません。
もうOSが古いですし、わざわざWPA対応ドライバも開発されないのでしょう。
でも、Ralink社のドライバを見ていると、WindowsMeでもWPAが使えるようです。
うちにかなり昔のWindowsMeのノートPCがあり、それを遊びで復活させてみることにしました。
もちろんこれまで使っていたのはWEPでした。

Corega社のPCカードタイプの子機でCG-WLCB54GPXというのがあります。
これはRalink社のRT2561系のチップが使われています。
今でも二千円ほどで売っています。
ちなみにメーカー記載では対応OSにWindowsMeはありません。
これで試してみることにしました。

まずはドライバを用意します。
ここにRalink社のドライバーがあります。
(RT256x/RT266x)のところのドライバーをダウンロードします。
対応OSのところにはWindows98SE,WindowsMe,Windows2000,XP32/64,Vista32/64とあります。
ダウンロードしたZIPを展開し、インストーラを実行します。
終わったら再起動させられます。

再起動したら、PCカードを挿します。
ドライバーのインストールになりますが、自動では無理なので、
「ドライバの場所を指定する」を選びます。
次に「特定の場所にあるすべての・・・」を選びます。
ドライバの種類からネットワークアダプタを選びます。
ディスク使用のボタンを押して、先ほどインストールしたドライバのある場所を指定します。
通常であれば
c:\Program Files\RALINK\RT6x Wireless LAN Card\Driver\Rt61.INF
です。
製造元:Ralink Technology Corp
モデル:802.11g Cardbus Wireless Adapter
を選んでOKを押してインストールします。

これでもう一度再起動して、トレイアイコンのRのマークのあるアイコンを右クリックし
設定画面で設定をすればWPA-PSK(AES)などで接続できます。

« 格安SDのベンチ | トップページ | 格安SDのベンチ2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/501243/21993507

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsMeでWPA:

» iPhone情報サイト [iPhone情報サイト]
2007年6月29日、各テレビ局が一斉に、アメリカのとある人だかりにカメラを向けていました。 [続きを読む]

» タイミングベルト関連サイト [タイミングベルト関連サイト]
タイミングベルト、というものをご存知でしょうか? あまり日常生活で使う言葉でも物でもないので、ご存じない方もいるかと思います。 [続きを読む]

« 格安SDのベンチ | トップページ | 格安SDのベンチ2 »